ヨガな日々 ~ただ今、修行中~ 新潟編Ⅱ


行きつ戻りつ、ヨギニ目線で日々の気づきを綴ってます。
by yoganahibi
プロフィールを見る
画像一覧

急募)カラダを使って今を感じるワークショップ

e0187047_1914274.jpg
恒例になりました人気企画
『カラダを使って今を感じる』
告知をする前に定員に達したこのワークショップにキャンセルが若干出ましたので、ご案内いたします。
素敵なバレエの先生をお招きします。

西洋のバレエメソッドを東洋のヨガの観点から分析した
バレエヨガブームが日本でも起こりそうな気配です。
顔なじみのアナタも!
はじめましてのアナタも!
ピピッと来たら、お申し込みくださいませ。
心配せずに飛び込んできてくださいね。

女性だけでなく男性の申し込みも入っています。
あなたも一緒に今を感じませんか?

《ゲスト講師プロフィール》
 アジア・パシフィックコンクール セミファイナリスト、大阪府知事賞、文部科学大臣賞など受賞歴をもつ綾子先生です。幼少よりバレエを学びワガノワメゾットを習得する。筑波大学大学院を経て、同大学助手を務め、ダンスにおける運動指導・コツの習得などの研究を行う。現在、信州大学非常勤講師を務める傍ら、地域のバレエ・ダンスの講座や保育園での幼児体操の指導にあたる。

〈日時〉6月25日(火) 
10:15~11:30(受付10時より)

〈場所〉福祉交流プラザ   
〈参加費〉1200円 

〈定員〉15名様 
お子さま連れ歓迎。
予約制です。


※普段運動していない方も、安心して参加できます。

※お子さま連れOKのワークショップです。
にぎやかで楽しい環境の中でのワークショップになることをご了承ください。
[PR]
# by yoganahibi | 2013-06-21 19:24 | ワークショップのお知らせ

私が見ている


自分しか証人のいない試練

自分を試練にかけよう。
人知れず、自分しか証人のいない試練に。
たとえば、
誰かの目のないところでも素直に生きる。
たとえば、
独りの場合でも行儀よくふるまう。
たとえば、
自分自身に対してさえ、
一片の嘘もつかない。

そして多くの試練に打ち勝ったとき、
自分で自分を見直し、自分が気高い存在で
あることが分かったとき、
人は本物の自尊心を持つことができる。

このことは、強力な自信を与えてくれる。
それが自分への褒美となるのだ。

(超訳 ニーチェの言葉より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0187047_9403793.gif
今朝のトイレ図書館
めくったページにあったニーチェの言葉です。
学生の頃受けた心理学の授業で
「自己評価の高い人は、
清潔できれいな下着を好み
自己評価の低い人は、
そうではないことが多い。
自己評価を上げたいなら
まず下着を変えろ!
下着が変われば、自分が変わる。
自分が変われば、周りも変わる。」
そう力説した教授を思い出しました。

自分しか証人のいない場面かぁ・・・

三・五・八に漬けたキュウリを
冷蔵庫から取出し、
冷蔵庫のドアを閉めぬまま
1本まるごと食べるのはやめよう。
誰も見てなくても
ちゃんとキュウリを切って
ちゃんとお皿に盛って
お箸で食べよう。

誰も見てなくても、私が見ている。
私は気高い存在なのだ。

立ち食いキュウリをやめよう^^
[PR]
# by yoganahibi | 2013-06-20 10:21 | 日々のこと

トイレ図書館からのメッセージ

e0187047_13554177.jpg


続きものではなく、
1ページ完結の本を取りそろえた
我が家のトイレ図書館。
トイレに入るたびに
本を選び、ページをめくる。
何も考えず、パパッと。


ちょっと忙しく過ごしていた時に
トイレでめくった本に書いてあったのは、
「忙しさには、字が示すように、
心を亡ぼし、
ゆとりを失わせる危険が伴います」
(置かれた場所で咲きなさい 渡辺和子著)

法事に出席した次の日に
トイレでめくった本に書いてあったのは、
「会食の際の料理は、
なぜいつも多量であり、
多様な種類が並べられるのだろうか。
それは栄養を与えるためでなく、
人々に印象を与えるためである」
(超訳ニーチェの言葉 フリードリヒ・ニーチェ著)

自分の壁について考えあぐねていた時
トイレでめくった本に書いてあったのは、
「世の中には、取っ手のついていない入口というのがあります。
ベニヤ板とか、襖とか、障子紙とか、
そんなもろいもろいものでできています。
一見、とおせんぼしているように見えて、
ちょっとつつけばバリバリと破れて向こう側に行けます。」
(青い鳥の本 石井ゆかり著)

意図してないのに
その時の自分の中でのテーマ(課題?)と
リンクするような文章が
書いてあるページをめくっている。
ランダムにめくったページに
私へのメッセージ!?と思ってしまうような
言葉が書かれていて
びっくりさせられます。
[PR]
# by yoganahibi | 2013-06-13 21:33 | 日々のこと

悩みながら、揺れながら


東日本大震災後、
私にできることは何だろう?
と、考えに考えて
ヨガで頂いた毎回のレッスン料の10%を寄付しようと決め、
今も細々と続けています。
寄付先は、毎月1回被災地へ出向いて
「炊き出し」を続けている
新潟のグループへ。

下の動画を見ていただきたいです。
ちょっと長いですが、腰据えてぜひ見てほしい。
悩みながら、揺れながら 
福島で生きるお母さんの声です。

忘れないこと、知ること、
寄り添い続けること。
私にできるのだろうか?
迷いの答えは出ませんが、
この想いを、小さくてもちゃんと形にしていくことを続けていこうと思います。
共に生きていきたいです。



[PR]
# by yoganahibi | 2013-05-23 14:06 | 日々のこと

病気は自分からの手紙

前回ブログを更新したのが、2月25日。
そして今日は、5月2日。
長いことブログを温めておりました^^
e0187047_1243059.gif


アトピーで死にかけていました。
美味しいものを食べに行ったり、お茶したり、
この間もヨガ志事もずっとさせてもらっていましたが、
大げさでなくホントに死を意識した日々を過ごしていました。

もう何年も風邪すらひかず、床に臥せることのない私ですが
冬から春に向かう時期に決まって
アトピーを発症するようになり、今年で5年目になります。

1年目)
発症するもいつのまにか治癒。
2年目)
自分で治そうとするが酷くなり皮膚科へ。
塗り薬で一気に治癒。
3年目)
自分で治そうとするが酷くなり皮膚科へ。
注射、塗り薬で一気に治癒。
4年目)
自分で治そうとするが酷くなり皮膚科へ。
注射、飲み薬、塗り薬をもらうも治るのに時間がかかる。ステロイドについていろいろ知らべて『じぇじぇ(驚く)』となる。お医者さんに質問もせず説明もしてもらわないまま、注射をし、薬を飲み、塗り薬を塗ったことを後悔する。
5年目)
12月末に痒みが出始め、2月3月が過去最大級に悪化。皮膚科には行かないと決めていたものの、何度も心が折れそうになる。痒みと痛みで、毎晩1時間も続けて眠れない状態が2か月続く。夜中に掻くため、パジャマが血と体液で身体に張り付く。
手首、腕、首が傷だらけ。赤く晴れ上がる。
お灸、断食、こんにゃく湿布、塩素除去、温冷浴、乳酸菌摂取、食事制限、紫雲膏、アロマテラピー、白湯、いろいろ試してようやく内側からの痒みが軽減。病院(和漢外来)へ行く。総合的に診ていただいて漢方薬を飲み始める。

今現在も完治はしていません。
昨夜も手首の痒みで夜中に何度も覚めたし、
これまでの傷と痛みが身体に残っています。
1日中、身体のどこかが不快です。
でも2月3月と比べると歴然とした差のある不快感です。
今の不快はとても軽いものです。
痒みだって軽いです。
痛みだって軽いです。
完治するまではもう少し時間がかかると思いますが、
もう大丈夫!
アトピー歴5年目にして、
どうしてこの時期にアトピーになるのか
自分なりに分かった気がします。
ようやく分かった気がします。
来年は予防できるんじゃないかな。
きっとここまで酷くはならないと思う。

私の身体でアトピーが出ているのは腕と首のみ。
顔はツルツルだし、タートルを常に着ていたので(笑)
死にかけていたなんて
きっと誰も気づかなかったはず。
(「死にかける」なんて表現をたやすく使いたくないし、いつもは決して使いませんが、今回は本当に死にかけたので、この表現でいきます。)

病気になって改めて家族への感謝の気持ちが増しました。
痒くて痛くて悲しくて泣く私の背中をトントンしてくれて、
アトピーのことを調べてくれて
包帯を巻いてくれて、
労わってくれて、ありがとう。
泣き言を聞いてくれた友だちもありがとう。

なによりも・・・自分の身体に。ありがとう。
アトピーは、身体と心からの届いた
私が出した私宛てのお手紙でした。
ちゃんと読みました。何度も読みました。
お手紙ありがとう。




e0187047_1443733.gif



夜な夜なネットサーフィンをしてたどり着いたあなたへ

私のアトピー歴は短いです。
幼いころ乾燥肌だったとはいえ、大人になってからの発症です。
アトピーが出ている範囲も少ない方だと思います。
重度のアトピーを抱えている方の参考はならないかもしれません。
私は今回、脱ステロイドで乗り切りましたが
ステロイドも使い方を間違わなければ有効だそうです。
でももし私がやってきた方法に興味があったら
遠慮なくお知らせくださいね。


  
  
[PR]
# by yoganahibi | 2013-05-02 15:14 | 日々のこと

ブログパーツ

Profile

ノゾミ
Shanti Yoga主宰

*南国出身 雪国在住
 1973年生    

*ダアマ・ヨーガ認定教師

*アーユルヴェーダ
チベット体操
インストラクター

*小学校教諭
*幼稚園教諭
*保育士

*アロマアドバイザー

*住環境コーディネーター

*リンパセラピスト

お問い合わせは、
こちら

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧