ヨガな日々 ~ただ今、修行中~ 新潟編Ⅱ


行きつ戻りつ、ヨギニ目線で日々の気づきを綴ってます。
by yoganahibi
プロフィールを見る
画像一覧

裸をチラッと見せちゃいます

e0187047_12182938.png
本棚を見られるのは、裸を見られるのと同じ。
いや、裸を見られる以上に恥ずかしい・・・
それなのに我が家を訪ねてくる人は、ドギマギしている私をよそに本棚に直行。そして私の一部(本)を抱えて帰っていく。
借りっぱなしのそこのアナタ!ちゃんと返すよーに!

幼いころから本が好きでした。
図書館も本屋さんも大好きです。
小学生の時、年間で一番本を読んだとして学校で表彰されたことがあります。本を読むのがとても速く、2冊いっぺんに読むこともザラにあります。
読むのが早く、忘れるのも早い。まぁ、私的には「忘れる」ではなく、「無意識の中に貯蓄されている」と思っているのですが^^

本棚を見られるのは恥ずかしいと言いながら、ここ数日で読んだ2冊を紹介したいと思います。

1冊目『トラウマをヨーガで克服する』
   デイヴィッド・エマーソン
   エリザベス・ホッパー著 
   伊藤久子訳
セラピストをしているヨ-ガのお仲間さんの紹介で出会った本です。
トラウマを抱える人、その人にかかわる医療者やセラピスト、ヨーガインストラクターに向けて書かれた実践書。漠然とした自分の理想とするヨガレッスンのスタイルがこの本の中に明確にありました。また自分のヨガの歴史を振り返り、これまで分けも分からず何度もマット上で躓いた様々な出来事のその理由が、分かったような気がしました。私の中にもトラウマの存在があったこと(ある)に気づきました。ヨーガを伝える者として、また一人のワタシとして学ぶことがたくさんあり、心と同時に身体からのアプローチの可能性を感じました。

2冊目『いのちを奪う原発』
    東本願寺 真宗ブックレット
「いのちを奪う原発読んだ」見知らぬ人のツイッターをたまたま見かけて何となく気になり、取り寄せて読んでみました。最近書かれたものかと思っていたら2002年に発行されたもので、序盤に出てくる福井県の原発がある村のお坊さんの衝撃的な言葉「私は住職をして十数年来、癌と白血病以外の葬式をしたことがありません」原発の問題を「いのちの問題だ」と現地の日々との声を代弁し続けたこのお坊さんもまた末期癌で1994年にこの世を去っており、読み進めるたびに原発の恐ろしさが増していく内容でした。でもその内容以上に恐ろしいと思ったのは、東日本大震災が起こるまで何も知らなかった(知ろうとしなかった)無知な自分。過去のことを悔いてもしょうがないけれど、過去を今に生かすことはできるはず。何をどうしてよいやらさっぱりだけれど「悔い」を忘れないようにしたい。

以上、チラ見せでした。
ご期待に応えられたでしょうか? 
プププッ♪(´ε` )
[PR]
by yoganahibi | 2012-01-25 19:23

ブログパーツ

Profile

ノゾミ
Shanti Yoga主宰

*南国出身 雪国在住
 1973年生    

*ダアマ・ヨーガ認定教師

*アーユルヴェーダ
チベット体操
インストラクター

*小学校教諭
*幼稚園教諭
*保育士

*アロマアドバイザー

*住環境コーディネーター

*リンパセラピスト

お問い合わせは、
こちら

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
メンタル

画像一覧